【イノベーションIFAの社員を紹介します♪】『大事なこと』だからこそ身近な存在でいたい!青木光です

青木

皆さま、はじめまして。

株式会社Innovation IFA Consultingの青木光と申します。

今回は私がどういった人物なのかを少しでも知っていただければと思い、

  • 自己紹介
  • IFAとの出会い
  • 最後に

の3部に分けお話をさせていただけたらと思います。よろしくお願いいたします。

※担当者を指定したい場合、備考欄に「青木」に相談したい旨ご記入ください♪

自己紹介

氏名:青木 光(あおき ひかる)
出身:神奈川県横須賀市
趣味:ゴルフ、ランニング

学生時代は常にスポーツと共にあった生活をしておりました。

小学1年生から中学3年生まではサッカーに没頭し、高校から大学3年生までの6年間は陸上競技をしておりました。

種目は400M・800Mで、800Mでは県大会にも出場しておりました。

今でも休日はゴルフ、ランニングとアクティブに体を動かしてリフレッシュしています。

ゴルフは大自然の中で広大な景色を満喫できるのも魅力の一つです!

IFAとの出会い

私は新卒で中堅証券会社に入社し、約6年間リテール営業に従事してまいりました。

年次を重ねるにつれ役割も増え、4年目以降では従業員組合の支部の代表を任されるようになりました。

経営者層と賞与交渉をさせていただくなど、業務以外でも貴重な経験をさせていただきました。

しかし、お客様と真剣に向き合っていく中で自分の中に軸ができ、同時にある葛藤が芽生えてまいりました。

それは、「定期的な転勤」があることです。

お客様のご意向にもよりますが、本来資産運用とは中長期で行うべきものだと私は考えております。

「お客様のライフプランに寄り添い、無理のない運用でお客様の目標を達成するための一助になれたら。」と仕事をする中で軸ができてまいりました。

しかし、ある程度キャリアを積んだ証券会社の方は3年前後で転勤があります。

その都度お客様も新しい担当者と人間関係を再構築することになり、お客様の負担も大きく、本来の目標を達成するのは難しいのではと感じるようになりました。

何かいい方法はないかと考え、悩んでいた時、馬場社長より面談の機会をいただき、「日本の金融機関に勤めるすべての人とそのお客様にIFAという新しい選択肢を与えたい」という熱い思いに触れ、「この会社であれば自分のやりたかったことが実現できる。同じような悩みを持っている方の力にもなれる」と思い、この出会いに運命を感じ転職を決意いたしました。

最後に

一昔前と比べ、書店には投資に関する書籍が多く並び、SNSでも資産運用に関する発信をする方も増えたことから、資産運用が少しずつ身近な存在になってきていると感じます。

しかし、大事なお金を運用するのに何をしたらいいのか、誰に相談したらいいのか分からず一歩を踏み出せない方も多くいらっしゃると思います。

私は、資産運用は『大事なこと』だからこそ、もっと身近で気軽に相談できる存在になっていきたいと思っております。

IFAが必ずしも正しいとは私は思っておりません。

ただ、「知っていて選ばない」のと「知らなくて選べない」のでは全く意味が異なると感じます。

IFAがお客様にとっても、すべての金融パーソンにとっても新しい選択肢となれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ぜひ私までご相談お待ちしております。

※担当者を指定したい場合、備考欄に「青木」に相談したい旨ご記入ください♪

タイトルとURLをコピーしました